COURSE

コース概要

OUTコース

◆ No.1ホール

PAR: 5 バック: 530 レギュラー: 506 レディース:481 HDCP:15
コメント 出だしのロングホール。フェアウェイも広く、思いっきりショットできるが、Par5なので無理せず確実に3オンを目指そう。ただし、フェアウェイ右側のクロスバンカーは受けており、あごが高いので避けたい。 もし、入ったら、番手を下げて確実に脱出しよう。

 

◆ No.2ホール

PAR: 4 バック: 364

レギュラー: 343 レディース:323 HDCP:9
コメント 右ドッグレッグのミドルホール。右側はOBゾーンが迫っているので左側から攻めたい。

ロングヒッターは自分の飛距離に応じて、ティーショットのクラブ選択をしよう。

 

◆ No.3ホール

PAR: 3 バック: 162

レギュラー: 141 レディース:121 HDCP:13
コメント ニアピン推奨のホール。ハザードが少なく一見やさしそうに見えるが、ティーグラウンド付近とグリーン付近では風が変わることがあるので、ピンフラッグで風の確認をしよう。

◆ No.4ホール

PAR: 4 バック: 328

レギュラー: 306 レディース:284 HDCP:5
コメント 距離は短いが、池を挟んで直角に右ドッグレッグしているミドルホール。

2打目でグリーンを狙いやすい場所に1打目を置くのがコツ。

◆ No.5ホール

PAR: 4 バック: 346

レギュラー: 322 レディース:297 HDCP:3
コメント やや左ドッグレッグしたミドルホール。

グリーン右側には池が迫っているので、特に右グリーンの場合は罠にはまることも。

◆ No.6ホール

PAR: 3 バック: 126

レギュラー: 110 レディース:110 HDCP:17
コメント 距離の短いショートホール。もしかしたらホールインワンがでるかも。

ただ、グリーン奥があまりないので、「飛ばし過ぎ」には注意。

◆ No.7ホール

PAR: 4 バック: 314

レギュラー: 296 レディース:237 HDCP:7
コメント ティーグラウンド前に池が立ちはだかるミドルホール。肩の力を抜いてリラックスしてショットしよう。

ロングヒッターはティー位置や風により、グリーン手前の池に捕まることがあるので、クラブ選択を間違えないように しよう。

◆ No.8ホール

PAR: 4 バック: 463

レギュラー: 436 レディース:395 HDCP:1
コメント 当コース名物ホールの長~いミドルホール。距離が長い上に、グリーン手前には大きな池が2ヵ所大きく口を開けているので、2オン狙いで池ポチャして大叩きするパターンがほとんど。

ロングヒッター以外は、勇気を持って池の手前に刻むことも攻略の一手。とにかくボギーでホールアウトできれば上出来の手強いホール。

◆ No.9ホール

PAR: 5 バック: 525

レギュラー: 500 レディース:475 HDCP:11
コメント OUTを締めくくるロングホール。Par5なので距離を欲張らず、確実に3オンを目指そう。フェアウェイ右側に池があるので、左側から攻めるのがセオリー。

特にトリッキーなホールではないので、大叩きせずに、気持ちよくホールアウトしたいところ。

INコース

◆ No.10ホール

PAR: 5 バック: 541 レギュラー: 517 レディース:492 HDCP:12
コメント フェアウェイも広く、思いきってショットできるロングホール。

ハザードも少ないが、グリーン周辺は浜風で風向きが変わることもあるので、ピンフラッグで風の方向を確認しよう。

 

◆ No.11ホール

PAR: 3 バック: 170

レギュラー: 152 レディース:136 HDCP:9
コメント 播磨灘を左側に眺めながらプレーできるショートホール。ティーインググラウンドからグリーンまで池が張り出しプレッシャーのかかるシチュエーション。

このホールは特に風が強く、風向きや風の強さを十分把握してからクラブ選択をしなければ、池の餌食となる可能性あり。

 

◆ No.12ホール

PAR: 4 バック: 326

レギュラー: 306 レディース:284 HDCP:16
コメント 左側にドッグレッグしたミドルホール。距離が短いのでついついグリーン方向を狙いがちだが、左側はOBゾーンが迫っていて、案外スコアを崩すことが多いので注意。多少距離が残っても右側から攻めよう。

◆ No.13ホール

PAR: 4 バック: 370

レギュラー: 350 レディース:328 HDCP:8
コメント 右側はすべて池になっているミドルホール。池を避けてつい左側を狙いがちだが、左はOBゾーンが迫っているので、やや右側から攻める方が良い結果がでる。

◆ No.14ホール

PAR: 5 バック: 503

レギュラー: 480 レディース:454 HDCP:18
コメント 比較的距離の短いロングホール。ロングヒッターは2オンも十分に可能だが、左に曲げると即OBの落とし穴が待っているので、フッカーは要注意。ここは一つ、確実に3オン狙いといこう。

◆ No.15ホール

PAR: 4 バック: 361

レギュラー: 340 レディース:314 HDCP:4
コメント 大きく右ドッグレッグしたミドルホール。ハンディキャップが示すように、見た目以上にタフなホール。特にグリーンまで回り込んだ池が「こっちこっち」とボールを呼び寄せる。フェアウェイ右側が最短コースだが、できるだけ左側から攻めよう。

◆ No.16ホール

PAR: 3 バック: 153

レギュラー: 133 レディース:117 HDCP:10
コメント 案外大叩きが多いショートホール。左グリーンは池ポチャの心配は少ないが、コースで一番アンジュレーションのあるグリーン。右グリーンは、奥へ行けば行くほど池が入り込んでいる。この池はOBとなっているので池ポチャは痛い。 ここはグリーンセンターより左を狙おう。

◆ No.17ホール

PAR: 4 バック: 364

レギュラー: 342 レディース:319 HDCP:14
コメント 比較的ストレートなレイアウトのミドルホール。左側が池になっているので、右側を狙いがちだが、右側はOBラインが迫っている。ここは池に入れてもしようがないと割り切って、フェアウェイ左サイドを狙おう。

◆ No.18ホール

PAR: 4 バック: 417

レギュラー: 395 レディース:335 HDCP:2
コメント 距離の長いミドルホール。距離がある上に、グリーン手前に池があり、無理して2オンを狙えば大叩きすることもある。セカンドショットの残り距離で、池の手前に刻むか思いきって池越えを狙うかを的確に判断しよう。「終わり良ければ全て良し・・・」